楽しい理科

楽しい理科記事一覧

 中学受験の理科の成績は、どれだけ知見を広げたかがキーポイントです。有名なユダヤ式教育法というのがありますが、そのポイントは次のようなものです。 @ 勉強しろとは言わない A リビングには辞書や辞典類があって、疑問があればすぐに調べることができる B 親が子どもをいろいろなところに連れまわしている このページでは、Bに関して、ぜひとも子どもを連れまわしていただきたい施設をご紹介します。「与える」よ...

種子植物の誕生 地球がおよそ3億年前までは、植物といえば、コケ植物やシダ植物のように胞子でふえるものがほとんどでした。コケ植物やシダ植物は、一つの植物から何十万,何百万個も胞子を作ることができますので、多くの子どもをのこせる可能性がありますが、胞子には栄養がほとんど無いので、自力で発芽し大きくなるのは難しい、という欠点があります。 しかしその後、裸子植物や被子植物とよばれる種子でふえる植物が登場し...

解説 動物の分野でテーマとなるのは、顕微鏡の使い方、食物連鎖、動物の分類、の3つです。  まず、顕微鏡の使い方の手順、倍率の求め方、顕微鏡の見え方、をおさえてください。   次に、食物連鎖では、食べる・食べられるの関係をおさえた上で、有機物・無機物の循環を理解します。  最後に、動物の分類です。無セキツイ動物の代表である昆虫類では、モンシロチョウの生態がよく出題されます。また、完全変態と不完全変態...

解説 人体の分野でのテーマは、@消化器系、A循環器系、B筋肉の動きや眼球、Cヒトの誕生、です。 消化器系では、口から肛門までの吸収・消化・排泄までを学びます。そして、循環器系では、血液が全身に栄養素を届け、不要物を回収するまでを学びます。人体とは不思議な世界で、よくもまあ、よくできていると感心させられます。特に、小腸と肺は、外界との接触面を大きくするという同じ目的で、柔突起や肺胞というしくみを持っ...

解説 大地の変化の出題のパターンは5つです。@川の水のはたらき、A地層、B化石、C火成岩とたい積岩、D地震です。  @「川の水のはたらき」では、上流、中流、下流の地形との関連をおさえましょう。  A「地層」では、地層のでき方をまずおさえます。粘土の層があれば、そこはかつて深海の海底であったことが分かります。次に、断層、しゅう曲、不整合を整理して、地層ができた順序を言えるようにしましょう。断層には、...

太陽 太陽の動きを理解しておくとは、天体を完全に理解するうえで非常に大切です。 太陽の攻略のポイントは、@ 太陽がある特定の時間にどの方角に見えるか、A 太陽は天球上をどのように動くか、B 棒の影はどのように動くか、C 太陽の南中時刻、日照時間、日の出・日の入の時刻、の4点です。これらの点を互いに関連付けながら、「覚える」のではなく、「理解」することが大切です。 特に、「何時にどの方向に太陽が見え...

解説 気象の観測と天気の変化の分野では、覚えることが多くあります。具体的には、@百葉箱・アメダス・雲量と天気記号・気象衛星ひまわり、A雲のでき方と湿度の求め方、A気温と湿度の変化、B乾湿球計、C日本列島付近の風、D気圧と天気、E日本の四季の変化、です。  @ 百葉箱、アメダス、気象衛星ひまわりはそれぞれ「どのような目的で使用されているか」をおさえましょう。また、天気記号は完全に覚える必要があります...

てことてんびん てことてんびんの問題は、段階を追って攻略しなくてはなりません。  第1段階は、棒の重さを考えないで、モーメントの計算をできるようにする。  第2段階は、棒の重さも考慮して、モーメントの計算をできるようにする。  最終段階は、太さが一様でない棒でモーメントの計算が出来るようにする。 この順で訓練すれば、だれでもでんびんを得意分野にすることができます。滑車 滑車攻略のポイントは、動滑車...

解説 電流で問われるのは、@ 豆電球の明るさ(回路)、A 発熱、B 磁界、の3つです。 この中でも、「豆電球の明るさ」は最初に取り組むべき最重要課題です。電流の分野が何となく不安な人は、豆電球の明るさをマスターすれば、霧が晴れたように、電流が好きになるはずです。 四谷大塚の予習シリーズでは、「抵抗」というテクニカルタームがでてきますが、これは要するに「電流の流れやすさ」です。本講義では、無理に「抵...

解説 光の分野でテーマとなるのは、光の直進、光の反射、光の屈折、の3つです。  光の直進では、ピンホールカメラがよく出題されます。ピンホールカメラは簡単に作れるので、是非一度作ってみて実験してください。  光の反射では、鏡を使って考える問題が出題されます。入射角と反射角を理解して、@鏡を通して見える範囲の作図のしかた、A潜望鏡、B合わせ鏡、に応用できるようにしましょう。  光の屈折では、@光が水や...

解説 水溶液攻略のポイントは、@溶解度、Aいろいろな水溶液の性質、B中和、の3つの観点を一気にやってしまうことです。  特に、Aいろいろな水溶液の性質については、何が溶けているのか、液性(酸・アルカリ・中性)は何か、電流を通すかなどの知識を、テキストの一覧表で定着させてください。

気体 気体攻略のポイントは、テキストの3つのまとめの表を覚えるだけです。それぞれの気体の作り方、水に溶けるかどうか、それぞれの気体に特有な性質は何か、を整理しましょう。  演習問題を解くときに、これらの表を必ず参照することで、確かな知識を身につけることができます。物燃焼 物の燃焼の分野では、@ろうそく、A木の蒸し焼き、Bガスバーナーの使い方、C酸化、の4つが出題されます。  ろうそくで理解するべき...

解説 環境問題では、@地球温暖化やオゾン層の破壊などの環境問題、Aヒートアイランド現象、Bエコマークなどの環境ラベル、についておさらいしておけば大丈夫です。 用語を正確に覚えるようにしましょう。

このページの先頭へ戻る