大地の変化のポイント

大地の変化のポイント

解説

 大地の変化の出題のパターンは5つです。@川の水のはたらき、A地層、B化石、C火成岩とたい積岩、D地震です。 
 @「川の水のはたらき」では、上流、中流、下流の地形との関連をおさえましょう。 
 A「地層」では、地層のでき方をまずおさえます。粘土の層があれば、そこはかつて深海の海底であったことが分かります。次に、断層、しゅう曲、不整合を整理して、地層ができた順序を言えるようにしましょう。断層には、正断層と逆断層があり、その違いもおさえましょう。 
 B「化石」では、示相化石と示準化石を整理して覚えましょう。示準化石では、古生代、中生代、新生代の代表的な化石を覚えます。覚え方はテキストを参照してください。 
 C「火成岩とたい積岩」では、粒の様子に違いがあること、火成岩には6種類の岩石があること、をおさえます。6種類の火成岩の覚え方はテキストを参照してください。 
 D「地震」では、震度とマグニチュードの違い、震度計のしくみ、地震の伝わり方、をおさえましょう。

 

 

   YouTube動画解説

 

   1.川のはたらきと地層
   2.火山と岩石
   3.地震

 
このページの先頭へ戻る