気象のポイント

気象のポイント

解説

 気象の観測と天気の変化の分野では、覚えることが多くあります。具体的には、@百葉箱・アメダス・雲量と天気記号・気象衛星ひまわり、A雲のでき方と湿度の求め方、A気温と湿度の変化、B乾湿球計、C日本列島付近の風、D気圧と天気、E日本の四季の変化、です。 
 @ 百葉箱、アメダス、気象衛星ひまわりはそれぞれ「どのような目的で使用されているか」をおさえましょう。また、天気記号は完全に覚える必要があります。 
 A 雲のでき方と湿度の求め方では、「飽和水蒸気量」というテクニカルタームを使って説明できるようにしましょう。 
 B 乾湿球計は、乾球と湿球の区別、表の読取りができるようにしましょう。 
 C 日本列島付近の風では、陸風・海風が吹く理由、偏西風が吹くしくみ、について理解しましょう。 
 D 気圧と天気では、高気圧と低気圧の違い、低気圧の移動、温暖前線と寒冷前線の通過前後の天気の変化について、説明できるようにしましょう。 
 E 日本の四季の変化では、天気に影響を与える気団を覚えてから、天気図を見て四季を区別できるようにしましょう。

このページの先頭へ戻る